コジマ・フォン・ボニンとモーリス・フォン・オズワルド
「七日間のための五つの物」

2012年7月28日(土)- 8月4日(土)



photo: Mary Scherpe / Stil in Berlin


コジマは彫刻、インスタレーション、絵画、織物、パフォーマンス、数々の出版物、サウンド、フィルムと、多面的な表現で世界中の人々を魅了しています。また、キュレーター、評論、プロデユーサーの役割を担い、アーティストの定義を伸ばし続けています。

ドイツ、カッセルでのドクメンタ12やアン・ゴールドスタインのキュレーションによるロサンゼルス、MOCAでの展示、今年アートバーゼルでの巨大なインスタレーションといった大きな会場での展示が続く彼女が、東京で最も小さな画廊の一つである私共成山画廊で、彼女の友人でもある音楽家モーリス・フォン・オズワルドと今、何を企てているのか、この一週間でご確認頂けましたら幸いです。

モーリス・フォン・オズワルドはフジロックフェスティバルにも参加する予定です。



PRIVATO 2010



SCALLOPS (GHOST VERSION) 2011



OSWALD’S & BONIN’S STRUCTURE # 01 (BONE & DUBPLATE) 2010


TOP