興梠優護「Dark Adaption」

2015年5月15日(金曜日)〜6月6日(土曜日)


5月15日より開催致します展覧会は、画家、興梠優護のワンマンショーです。
興梠は人が捉えづらいもの、光、海、生命といった実は曖昧なもの、計り知れない無限なもの、物事の根源性の絵画化を試みています。
展覧会のタイトル[Dark Adaptation]とは「暗順応」という、暗い場所に暫く居ると目が慣れてきて、次第に周りが見えるようになる現象のことです。
この新しい具象表現を是非ご覧下さい。

「夜明け前の暗い時間から、日の出までの間、山中でただただ風景を見続けていることがあります。初めは、曖昧で存在していなかったかのような暗闇の塊が、
気づかない程にゆっくりと、次第に染みこむように色を帯び、徐々に光をまとって目の前に立ち現れていく姿は、土地の記憶までをも呼び覚ますかのような、原始性を携えます。
この度の画面は、捉えるには余りに巨大で曖昧な、移ろい変容していく色や光の、網膜に残された記憶の一旦です。」
興梠優護



興梠優護「Dark Adaption」
2015年5月15日(金)〜6月6日(土)



成山画廊
東京都千代田区九段南2ー2ー8 松岡九段ビル205号室
TEL&FAX: 03ー3264ー4871
E-MAIL: info@gallery-naruyama.com 
ホームページ: http://www.gallery-naruyama.com/
営業時間: 月、火、木、金、土曜日  13時から19時まで
      水、日曜日、祭日   休廊



"/36"



"/33"




TOP